chrome cast (クロムキャスト) 第 1 世代の初期設定の注意点

chrome cast (クロムキャスト) 一世代目の初期設定の注意点。

 

1. Chromecast(第 1 世代)の場合は、Wi-Fi 802.11 b/g/n 2.4G ネットワークへの接続です。故に、Wi-Fi 802.11 ac  / 5G は接続できません。

 

2.chrome cast (クロムキャスト) の初期設定には、wifiのAPアクセスモードで接続できる環境のパソコンか、Android端末が必要です。

 

3.Windows10(8.1、7)で初期設定を行う場合、「ネットワーク」のこのPCを検出するをオンにしないと、初期設定はできません*1。設定後は戻しても大丈夫です。

 

4.ルーターの設定で、AP アイソレーション(AP分離機能)が有効になっていると、動作しません*2wifi同士の通信をできなくする機能です。故にchrome castを使う場合、無効に設定してください。NECルーターの場合ですと、SSIDセパレータ という呼称名になっています。メーカーによって名称が異なります*3

 

5.Windows 10 (8.1、7)でローカルIPアドレスを固定した場合、IPアドレス自動取得に戻します。初期設定後はローカルIPアドレスを固定しても大丈夫です。

コントロールパネルを開き(Windows 10の場合右下の ここに入力して検索に コントロールパネル と打ち込み検索させて開きます)、表示方法を小さなアイコンに選択し、ネットワークと共有センターを開きます。アダプタの設定を開きます。現在使用している、LANアダプタアイコンを右クリックしプロパティを表示させます。「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をクリックし、プロパティを開き、IPアドレスを自動的に取得するにチェックし、OKを押します。

 

 

設定の手順は、下記のgoogleの公式サイトで確認してください。

support.google.com