XHDATA D-808 について

D-808について、

D-808は、XHDATAから販売している短波ラジオです。

ケースと中の基板の写真を撮りましたので紹介します。

 

 

D-808の写真

 購入したD-808の外装と基板を撮影しました。

f:id:radiokan:20200822161318j:plain

D-808の外装

 

f:id:radiokan:20200822161517j:plain

D-808の外装(裏)

 

f:id:radiokan:20200822161616j:plain

D-808の外装(スタンド)

 

f:id:radiokan:20200822161703j:plain

D-808の基板(液晶側)

 

f:id:radiokan:20200822161845j:plain

D-808の基板(バーアンテナ側)

 

f:id:radiokan:20200822161929j:plain

D-808の基板(MW、SWフィルター回路周辺)

PLL IC FS8308 が確認できる。

 

 

f:id:radiokan:20200822162333j:plain

D-808の基板(PLL IC FS8308 周辺)

 

f:id:radiokan:20200822162440j:plain

D-808の基板(Silicon Labs Si4735  (DSP) 周辺)

f:id:radiokan:20200822162650j:plain

D-808の基板(リチウムイオン電池の充電用IC、4056 周辺)

 

f:id:radiokan:20200822162812j:plain

D-808の基板(アンプ用IC、CS4863 周辺)

 

D-808の基板の画像のリンク

 

https://swling.com/blog/2018/05/gary-pulls-apart-and-examines-the-xhdata-d-808/

 

Приёмник Xhdata D-808 - Страница 7

 

Всеволновый радиоприемник XHDATA D-808 | Москва

 

D-808の使用ICについて

先ほどの写真と紹介したサイトから、使用ICが、

Silicon Labs Si4735  (DSP)

CD7358GS  (東芝のTA7358のコピー品、FM FRONT-END)

FS8308          (PLL Frequency Synthesizer IC)

CS4863   (LM4863のコピー品、アンプ用IC)

74HC595  (8ビットシフトレジスタ

LM358            (単電源オペアンプ)

4056    (リチウムイオン電池の充電用IC、

       LTC4056、TP4056などの名前で販売されている)

 

が使用されていることが分かりました。ラジオの制御用マイコンについては分かりませんでした。

 

Digitech AR-1780とXHDATA D-808について

さらに調べてみると、Digitech AR-1780と回路が同じと思われることも分かりました。

AR1780 / XHDATA D-808 tech info & improvements | RadioReference.com Forums

 

https://swling.com/blog/2018/01/looking-under-the-hood-comparing-the-xhdata-d-808-and-digitech-ar-1780/

 

https://swling.com/blog/2017/11/the-xhdata-d-808-shortwave-portable-a-variation-of-the-digitech-ar-1780/

 

XHDATA D-808回路について

D-808で使用されているICより、Eton Grundig Satellit(基板上の表記 ETON G3 PCB)とほぼ同じ回路構成だと考えられます。

以下は、ETON G3 PCBの回路図。

http://www.radioscanner.ru/files/download/file19946/etonsatellitsch.pdf

 

ETON G3 PCBの基盤の写真

Eton Satellit – Updated | radiojayallen

ETON G3 PCBの基盤の写真より、D-808と回路の構成が近いように見えます。

 

回路構成

D-808の使用ICなどから以下の回路構成だと思います。

 

MW

バーアンテナ→DSP低周波増幅回路→スピーカー

 

SW

ロッドアンテナ→フィルター回路→DSP低周波増幅回路→スピーカー

 

FM 

ロッドアンテナ→DSP低周波増幅回路→スピーカー

 

AIRバンド

ロッドアンテナ→同調・周波数変換回路(10.7MHz)→DSP低周波増幅回路→スピーカー

                                   ↑

           PLL回路

 

このような回路構成であると予想されます。

個人的にはAIRバンドがスーパーヘテロダインでDSP回路による検波が興味をそそります。