読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Snapdragon 835 が antutuで181434点を記録、ARM版Windows10端末にも採用予定

Snapdragon 835 は世界初の10nm で製造されるオクタコアのSocで、全モデルより省電力化、処理能力の向上を図ったモデルです。さらに、ARM版Windows 10 端末の搭載が決定されており*1、ウルトラモバイル向けの市場も熱くなってきたようです。

ARM版Windows 10ではx86(32bit)のエミュレーターが搭載されており、Windows32bitのソフトを扱う事が出来るようです*2

バイル向けプロセッサーであるIntel Atomシリーズの開発が終了し、Windowsが搭載された、ウルトラモバイルPC、Windows 10スマホタブレットの新商品の開発に暗雲が立ち込めていました。Intel AtomのSocの代替としてARM系統のSocが搭載されたウルトラモバイルPC、Windows 10スマホができる見通しとなり、Andoroidに食われていたシェアが、どこまでWindowsが取り返せるか興味がある所です。

 

スペック表*3
スペックSnapdragon 835 Processor
製造プロセス技術 10nm
CPU周波数 最大2.45 GHz
CPUコア 8x Qualcomm® Kryo™ 280 CPU (64bit)
メモリ LPDDR4x 1866MHz Dual-Channel
GPU GPUQualcomm® Adreno™ 540 GPU

 

さて肝心な性能ですが、An Tu Tu ベンチマークで181434 点のハイスコアをたたき出しました*4

https://scdn.androidcommunity.com/wp-content/uploads/2016/12/antutu_sd835-696x345.pngandroidcommunity.com より引用

 

 

スマホとしては、十分すぎる性能ですが、PC用途でどのくらいの性能が引き出されるか注目です。