SSDを完全消去

Secure Erase機能を用いれば、簡単にSSDを初期化できます。

Linux 環境下で、今回消去することにします。

 

参考にしたサイトは、下記

qiita.com

 

使用するソフト

GParted Live on USB (パーティションを操作できるフリーソフト

GParted Live on USB 

  1. Download the GParted Live iso file. のDownloadをクリックする。
  2. Download gparted-live-0.26.0-2-i686.iso  Downloadをクリックし、ダウンロードする。

     

Rufus (ブート可能なISOイメージをUSBメモリに書き込むソフト windowsのソフト)

Rufus - Create bootable USB drives the easy way 本家のサイトより、ダウンロードする。

 

注意) linuxで行う場合は下記を参照してください。

2.2. インストール USB の作成

今回、行う手順
1. GParted、Rufus USBメモリー(データはすべて消えます)を用意する。

2. ダウンロードしたRufus を用いて、GPartedのisoをusbに書き込む。

 

詳しいRufusの使い方は、下記を参照してください。

Rufus - k本的に無料ソフト・フリーソフト

ECSのLIVA-B3-2G-32Gを買ってubuntu14.04をインストールしてみた — eelsden

 

3.pcのbiosを開き、bootの順番を変えます。USB HDDを一番にbootするように設定します。

 

4.書き込んだ、GPartedのusbをUSB bootさせる。

usb bootは下記を参照してください。

(3)UbuntuやWindowsをUSBで起動してみよう!《USBメモリー完全活用》

 

5.GPartedをデフォルトで起動させます。

6.デスクトップにGPartedのアイコンがありますので、ダブルクリックし、起動させてください。

7.その上で、除去したいデバイス名を確認してください。

8.デスクトップにターミナルアイコンがありますので、ダブルクリックし、起動させてください。

9.下記のコマンドで消去対象のデバイス状態を確認します。

sudo hdparm -I <デバイス名>

結果が表示されますが、その中で

Security欄にfrozenと表記されているか確認してください。

この際、not frozenになっていることを確認してください。not frozenになってなくfrozenですと、Secure Eraseはできません

not frozenにする決策としては、電源を入れたまま、SSDSATA電源ケーブルを抜き、再び元通りに装着しなおします。

sudo hdparm -I <デバイス名>

で、not frozenになっているか確認します。

10.ディスクにパスワードを設定します。Secure Eraseを実行すると自動的に解除されます。

sudo hdparm --user-master u --security-set-pass <パスワード> <デバイス名>

11.Secure Eraseを実行します。

sudo hdparm --user-master u --security-erase <パスワード> <デバイス名>